さっちゃんちの机(更新記録兼用徒然日記)

アクセスカウンタ

zoom RSS 30年

<<   作成日時 : 2009/10/14 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

最寄り駅が荻窪という環境になってから、この10月でジャスト30年ということに気付いた。

目下建替え中の荻窪団地の北側、角の大きな月極駐車場になってるところには、あのフルーツパーラーで有名な高野の経営になるスーパーがあったし、
松渓中のすぐ西には下水道局の施設があったし(今はスッカラカンの空地だけど)、
西田浴泉っつう風呂屋、今(廃業後も)残ってる建物じゃない、もっと古い番台式の建物だったし、
ほんのちょっとの間だけ、西田端橋のバス停の一つ西側角にレンタルビデオ屋があったし……あ、そう言えば、かつて「バス停最寄回数券販売所」に載ってたタバコ屋も既になくなってるし、
善福寺川の川底は今より浅かった(今両岸に段のついてるくらいのとこが昔の底の深さだった)し、
今荻窪団地のバス停前にあるツェルマットとかいうパン屋のところにゃ東芝ブランドの電気屋があったし(しかもその店は支店で、本店は今の住まいのすぐ近く=団地の方の店で見た顔が今もその店で……という恐ろしい因縁が後々まで続く)、
その並びに中華料理店があったし(「菊芳」つったっけ?)、
もういっちょ、そのバス停の前のファミリーマート、昔は確かコミュニティストアで、それより前はただの酒屋だったし、
移転前のバス停のとこの食品スーパー、昔はガレージみたいなコンクリ打ちの土間に品物並べてやってたし、
その並びの蕎麦屋の裏んとこに歯医者があったし、
団地南東の交差点には文具店があったし(残ってる食料品店?と一棟だったんだけどね……その食料品店は下記ビラまきのk明党側の先鋒だったっつう噂も聞いた。先の選挙で涙目だろな今頃)、
団地の単身棟の前は噴水があって魚が泳いでたし(恵比寿から持ってきた金魚、飼えなくてそこへ放したっけ)、
川沿いの道に車捨ててったバカがいて(1台だけじゃなかった)、その撤去を役所がやったらしいんだが、それを「うちの手柄だ」とk明党と共s党がチラシ投函合戦やってたし、
もう壊しちまった給水等のてっぺんに防災無線のスピーカーがあって、最早覚えてる人も少なくなった「杉並防災無線ジャック事件」の時も長谷川某の中傷をハデに流してたし、
団地の東側、一筋向こうに小さい商店街があって、カウンターだけのおいしいラーメン屋があったし、


団地のベランダから(取壊し前の)松渓中学校の校舎越しに富士山が見えたし、
そのまま反対側を見ると新宿の高層ビルが見えたし、

まだどうにかマトモだったオフクロが、
「来た時は高層ビルが見えたんだけどねえ」
オヤジが答えて
「ああ、それだけあの桜がでかくなっちまったんだよなー」
そう言ってオヤジとオフクロが今俺の住んでる家へ移ったのは19年と半の昔。

……あれ、この家も再来年春で築20年ですか。

ルミネもタウンセブンも荻窪来てから開店したんだけど、「駅ビル完成記念」の記念入場券を当日買えなくて(学校帰りにはもう駅出札に「記念切符売り切れました」の貼紙が)、翌日交通博物館の記念切符売場で他のとまとめて手に入れたんだっけなあ。
ルミネのレストラン街で、開業以来続いてるテナントって、つな八だけなんじゃねえか?位置は変わってるけど。
最初は4階に鉄道模型専門店も入ってたんだぜw


家族―世紀を超えて
日本経済評論社
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

30年 さっちゃんちの机(更新記録兼用徒然日記)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる