さっちゃんちの机(更新記録兼用徒然日記)

アクセスカウンタ

zoom RSS Wikipedia

<<   作成日時 : 2010/10/03 18:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ちょいと前までWikipediaで国鉄201系のことを検索すると、1979年5月13日に原宿宮廷ホームで行われた一般公開には「東急車両製の5両が充てられた」という記述があったんだが、俺がこれを公開した途端、それが消えた……てな話を以前書いた。
ところで、先日気付いたんだけれども、Wikipediaの「ウルトラセブン」のページにこんな記述がある(2010年10月3日閲覧 w)。
「また最終回には、シューマンのピアノ協奏曲イ短調が使われていること[13]など、音楽の面ではクラシック音楽志向がうかがわれる。」
この文中[13]の脚注を見れば「 曲が足りなくなったので使用された。」という一文。
30年前に読んだファンタスティックコレクションNo.11「ウルトラセブン」に満田〓(のぎへんに斉、4バイト使うと「禾斉」という漢字で「かずほ」)監督が寄せた原稿が掲載されており、それには「最終回にどうしても使いたい曲があった。ラフマニノフのピアノ協奏曲だったんだが、冬木氏が持ってきたレコードを聞いたら違う曲で、どうも曲名を間違って覚えていたらしい。結局何枚か持って来てもらったレコードの中から、シューマンのピアノ協奏曲を選んだ」という記述があった。件のファンコレを処分しちまったもんだから調べが付かないが、ウィキペディアの内容に関する三大方針の一つが検証可能性であって、例え次の号で正誤表が出た雑誌の記事でも引用元がはっきりしてれば、事実より記事の方が勝つ(?)のがWikipediaだろが?
なんでファンコレの引用がされてなくてこんな「要出典」モノの文章が放置されてるのやら。
ファンコレも知らない若僧ばかりなのか、「あいつの言ってることはウソだと美術やった成○亨が言ったからだ」とか、まあ考えられる理由もないわけじゃないが、上記方針に従ったらアウト!な文章だろこれ。

ま、素人は何人つるんでも素人なんだから、そもそも信じるに足るもんじゃねえな……と思ってたらこんな記事



ユーザレビュー:
ある意味,日本のマス ...
未来は誰にもわからな ...
悲観的にすぎる We ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by グーグルとウィキペディアとYouTubeに未来はあるのか?―Web2.0によって世界を狂わすシリコンバレーのユートピアンたち の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ザ・ラストラン  中央線201系H4編成
ダイハンDAIHAN
1979年中央線に投入された201系は長きにわたり、移ろいを重ねる都市を見てきた。2010年に行われ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

Wikipedia さっちゃんちの机(更新記録兼用徒然日記)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる