さっちゃんちの机(更新記録兼用徒然日記)

アクセスカウンタ

zoom RSS 思い出の鉄橋

<<   作成日時 : 2014/09/03 20:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ちょっと前から気になってたことが解決付いたので、ここに書き留めておこうと思う。

そもそも、それがいつのことだったか思い出せなかった。小学生だった頃であることは間違いなかったんだが。当時住んでいた恵比寿で、地元のスイミングクラブに所属していた。もっとも、そのクラブはスイミングクラブというよりスポーツクラブで、スイミングクラブとサッカークラブとがあり、両方が同じジャージをユニフォームとして使っている、といった状態だったが、人的な交流は皆無に等しかった。
以前から引っ掛かっていたのは、そのクラブの夏合宿に参加した時のこと。
場所は海水浴場もある内房のどこかの街だった。上記の通り、正確に小学何年生の夏だったか思い出せないのであるが、加えて場所も正確に思い出せない有様だった。行程は2泊3日で、水泳とサッカーの両方が合宿を行い、部屋割りとか生活班編成といったことが両方のクラブを混ぜて行われたため、サッカーチームの初めて見る面々(向こうもそう思ってたんだろうけど)と一緒に寝起きという状態になった。結構すぐ仲良くなったように思う。中日の夕方、俺が宿のロビーの窓の外に、セミが羽化しているのを見つけて、同じ班のそれこそサッカークラブの数名を呼んで見せたんだが、「誰かにいたずらされたら可哀相だから、黙っとこうか」「うん」という話になったのを覚えてる。みんな心やさしい少年たち(笑)だった。
スイミングクラブの練習は、確か宿から少し歩いたところにある小学校だか中学校だかのプールを借りて行なっていた。同じ学校のグラウンドでサッカーチームも練習していたのだろうか。
数十年経った現在でも、どうしても気になっていたのは、そのプールと宿との行き帰りの道にあった鉄橋なのである。
途中、国鉄(当時)の線路をくぐるところがあったんだが、歩行者しか通れないような道の上を短いプレートガーター状の鉄橋が覆っている構造で、その高さがすごく低く、しかもガーターに底がない=見上げれば線路が見える、という状態だったのである。一度、午前の練習が終ってプールから宿へ引き返す時とか、そんなタイミングだったと思うが、丁度遠方から電車(茶色の73系だった)が接近して来るのが見えたため、ゾロゾロと歩いていた男子の集団が突如全員(勿論俺も)ダッシュ、件の鉄橋の下で通過する電車を見上げて「わー!」「すげー!」と大喜び。
……とまあ、こう書いてくればお分かりかと思う。その鉄橋がどこにあったのか突き止めたいと、長いこと思っていたのである。ちなみに、理由はさっぱり分からないのであるが、ずっと「あの合宿は木更津で行なった」と思い込んでいた。

先日、別件で小学校3年生当時の日記帳を調べようとして、屋根裏にしまった段ボール箱から、製本されたノートの束という体裁の日記を引っ張り出して見ていたところ、偶然にもその学年の夏、8月終りの辺りに「スイミングクラブの夏合宿へ行った」云々という一文を発見。驚いたのは文章の内容などではなく、なんとそのページに、当時保護者宛に配布されたと思われるスケジュールや連絡先のプリントが挟んであったのである。恵比寿から品川へ、そこから京急で久里浜へ向かい、フェリーで金谷へ渡って、行った先はなんと鋸南町。なんで木更津と勘違いしてたのか、旅好きの自分でも小学生時分には……というところか。バスの下車地点が「鋸南町役場前バス停」とあったので、鉄道で言うなら安房勝山駅の辺りになったらしい。宿の名前も載っていたのですぐさま検索をかけたが、何故か年代物の海水浴場の絵葉書しかヒットせず。その宿屋の名前の入っている絵葉書を、古書店のサイトで通販に出していたものだった。どうやら宿屋は廃業したらしい。
GoogleMapで町役場近くの学校を探してみたら、地図にもそれと分かるようにプールの存在が確認できた。日記には「ゲンゴロウがいたのでみんな『ゲンゴロウプール』と呼んだけど、女子はキャーキャー」。読んでて思い出した、図鑑でしか見たことのなかった水カマキリを、この夏、あのプールで俺は見た。飼育下にあるものを除けば、生きているのを見たのはあれが最初で、そして今のところ最後である。
そこから線路沿いへ移動する道を同じくGoogleMapで調べてみた。
拡大してみたら、歩行者専用と思われる細い道が線路をくぐっている場所がある。



ストリートビューで見てみたら……

長年の懸案事項が一つ片付いた。なんだ鴨川の行き帰りに寄れるだろこれ。次の機会には是非行ってみて、その高さ(低さ?)を確認したいところ。




……いやね、実を言うと、理由はさっぱり分からないんだけどさ、
なんだか最近、あの日の自分に謝りたいような感覚が湧いてくることがあるんだ……









サッカー日本代表の少年時代 (PHP文庫)
PHP研究所
2012-10-03
伯井 寛
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by サッカー日本代表の少年時代 (PHP文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

思い出の鉄橋 さっちゃんちの机(更新記録兼用徒然日記)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる