さっちゃんちの机(更新記録兼用徒然日記)

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏が来れば

<<   作成日時 : 2017/06/10 10:23  

トラックバック 0 / コメント 0

海に来たというのに

きみは自転車ばかり乗ってた

転んで泣いていると

笑いながら起こしてくれた

別れの日 またべそをかいた


遠い日の友の思い出は

(ここ思い出せない) にも似て

少し悲しい




30年以上前なんだが、何かの雑誌(大きかった記憶があるので新聞社系のグラフ誌だった可能性が高いと思う)の裏表紙にあった信託銀行の広告で、入道雲だか何だか「夏」というイメージの写真に、こんな詩が添えてあるのが載ってた。信託銀行と言い切るのは、国債ないし貸付信託の商品名(ワリコーとかそういったニックネーム)が書いてあった記憶があるので。見たのはもう残ってない祖母宅だったんで、気に入ってメモを取って来たんだけど、そのメモがどっか行っちゃった。

夏が来ると思い出す話。



【中古】 「昭和の小学生」夏休み大百科 /文学・エッセイ・詩集(その他) 【中古】afb
ブックオフオンライン楽天市場店
文学・エッセイ・詩集(その他)販売会社/発売会社:宝島社/宝島社発売年月日:2007/07/10JA




amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本懐かし夏休み大全 (タツミムック) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

夏が来れば さっちゃんちの机(更新記録兼用徒然日記)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる