西村京太郎

20年以上前の話になるけど、山と渓谷社が出した鉄道カレンダーでもって、週めくりにして3か月分くらい(だから10件以上)西村京太郎作品のアラ探しを記載してたことがあったな。「瀬戸」に追いつくのに新幹線使えばいいことくらい誰でも思いつくのに、例のコンビは「新宿から東京まで何分で行けるか」というのの証明に躍起になってる……とか、牽引機がEF58だったのにどうやって客車側の貫通扉から板渡して機関車へ乗り込んだんだ? とか、はたまた「白鳥」車内で青函連絡船の名簿の回収に来ないって乗客が騒ぎだしたっていうけど、いつからそんなシステムになったんだ?(勿論、ずーっと昔から乗船前に箱に入れるシステムなんで「書いた列車は全部乗ったって言ってなかったっけ?」というツッコミまで付いてたな)とかね。

さっきやってた「ブルートレイン殺人事件」。

あれホントに西村京太郎が書いたのか?

まんまオリエント急行殺人事件のパクリじゃねーか!




ユーザレビュー:
トラベル・ミステリー ...
かなり練られた作品最 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ