インターミッション

「名画座最後の砦」並木座の陥落後、改めて「名画座」を名乗ったシネパトスは、震災による耐震強度の再認識という新しい問題に潰されることになったわけだが(ということは名画座というものは再度陥落したということなになるわけだが)まあとにかくあの個性的な映画館が閉館するに当って、それをそのまま題材にして作られた映画。映画が好きで映画館が好きで、という話。
主人公の国籍と年齢を換えた「ニュー・シネマ・パラダイス」と言っていいんじゃなかろうか? 見てみたらそんな気がした。

画像


丁度見た回の後にトークショーがあり、水野久美の役柄というのが「フランケンシュタイン対地底怪獣」の水野久美の(広島で放射線絡みの研究をしている)役柄へのオマージュになっているという話や、劇中ポスターは版権の関係で大映/角川だけになり、広島の八丁座倉庫から送ってもらったという興味深い話をあれこれ聞いて、実に濃い時間を晴海通りのアスファルトと地下鉄のトンネルとの間で過ごして参りました。
ちなみにパンフレットが1000円するのでお金の準備はご注意を。おかげで同じ地下街で食おうと思ってたカレーが食えなかった……。



レア!映画チラシ:JP FLYERE:[ステート・オブ・グレース ]ショーン・ペン/ゲーリー・オールドマン昔のorion映画作品B5版:館名:銀座シネパトス
GOLD CAT映画品 昭和 装飾
映画チラシ送料はメール便¥150 でOKです(小額の梱包代含みます)(メール便は事故保証はありません




インターミッション [DVD]
角川書店
2013-02-23
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by インターミッション [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル