好戦反戦

死んだオヤジと亡き並木座で「五人の斥候兵」を見たことがある。そもそもはそれを見るのが目的じゃなくて、「ハワイ・マレー沖海戦」だったか「加藤隼戦闘隊」だったか、まあ一度きちんと見ておきたいなあと思う映画と二本立だったもんだから、ついでに見た形になったんだが。まだDVDはおろかビデオソフトもおいそれとは買えなかった時分である。
観賞後、帰ってからだったかそれともニュートーキョー辺りでビールをあおりながらだったか忘れたが、オヤジがポツリと

「しかしまあ、今見たらどう考えても『五人の斥候兵』なんてのは反戦映画なんだよな。明日生きてるかどうか分らねえからもらった(ゴールデン)バットは今吸っとけとか、片腕吊ってても銃を持とうとする兵隊に『足手まといになるから許さん』って名目であえて出撃させねえとか。
それがさ、あの当時見たら戦意高揚になっちまうわけよ。そういう記憶しかねえんだ。」

オヤジの思い出に、靖国だの中国韓国だの色々騒々しくなってるけど、結局「良い」「悪い」は政治家が決めるこっちゃねえし、歴史家ですら決められるもんじゃねえし、おそらく人間にゃ無理なんだろな……と思い至った。



NHKスペシャル 昭和と戦争セット「昭和天皇」「靖国神社」「海上自衛隊」
コロムビアファミリークラブ
DVD3枚165分NHKスペシャル 昭和と戦争セット 収録内容 靖国神社 ?占領下の知られざる攻防?



あれま、DVDはまだねえのか……

五人の斥候兵 [VHS]
日活
1995-07-07
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 五人の斥候兵 [VHS] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル