テーマ:これを書かずに俺は死ねん

これを書かずに俺は死ねん まとめ

前にこんなエントリを作っておいたけど、その後も「他のタイトルを付けたものでこのシリーズに入れた方がよさそうなもの」が出てきたもんだから、それのリファレンス的にこのエントリを記しておこうと思う。本当はシリーズ100話となったら考えようとおもってたんだけど、件数が伸びる気配がないし。 駄文をこねくり回す理由 荻窪風土記と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つかまされた。

これ。 肩のケガが最早古傷になって、正直バイオリンはもう弾けないと思い、楽器を処分することにしたのよ。 オールドバイオリンの専門店持ってった。 「これは東欧で作られた、言うなれば100年前の大量生産品ですね」 ということで、 「3万5千円」。 おいオヤジ、鰐淵賢舟につかまされたらしいぞ俺たち。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これを書かずに俺は死ねん 89 ある宿屋のこと

オヤジが丁度俺の中学生の時期に相当する3年間、山梨県山梨市(当時)へ単身赴任していた。一応職制だったもんだから、寮といったものではなく、世帯向けの社宅が一棟あてがわれていて、長い休みには、オヤジが東京に帰るのではなく、何日かオフクロと俺が山梨で過ごすということがあった。 これは後述する出来事との整合から、間違いなく昭和56(1981)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これを書かずに俺は死ねん 88 西武山口線のどうしても分からん話

西武山口線という路線がある。今では新交通システムになっているが、昔は「おとぎ電車」の別名を持つナローゲージの路線で、西武遊園地とユネスコ村の間を走っていたため遊園地の施設と思われたりしていたらしいが、れっきとした西武鉄道の一路線であった。駅は両端の「ユネスコ村」と「西武遊園地」の2駅のみで、途中行き違いのための信号場もあったが単線で運行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これを書かずに俺は死ねん 87 車内販売

車内販売と言うと缶ビール/ジュース類ですら何十円かマージンが乗せてあって、昔は買うにはバカバカしいものの代名詞だったもんだが。 親父が山梨で単身赴任していた時代、さして所要時間が変わらないし目的地は特急や急行の止まらないところだしということがあって、休みなどにその赴任先へ遊びに行く時はいつも普通列車に乗っていた。 ある時、その山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これを書かずに俺は死ねん 86 東横線のトンネル

東急東横線の中目黒辺りというともう一つ思い出す話がある。時効だと思うから書いちゃおう。 1970年台、春闘となると必ずストライキが起きた。国鉄についてはスト権が認められてなかったから春闘云々と言わずとも「スト権スト」(スト権を奪還するためストライキを打つ)と称されるストライキをやってる有様だったが、私鉄では賃上げ交渉がまとまらずにスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これを書かずに俺は死ねん 85 子供運賃

先のエントリで思い出したんだけど、恵比寿に住んでた小学生時分、だいたい昭和40年代の終りだが、祐天寺駅が最寄になる友人がいて、そのお宅へ遊びに行った時、東急の運賃が子供半額で10円未満切り上げではなかったと記憶する。営団側の運賃はよく覚えてないが、とにかくその友人宅へ行った時、往路の切符購入で出たお釣の5円玉を、帰りにまた使って切符を買…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これを書かずに俺は死ねん 84 テレビの良心とかアホとかの核心(?)

こんなことやこんなこと書いたけど、肝心要のことを書き忘れてた。 四半世紀も経つかと思うけど、「天才たけしの元気が出るテレビ!!」っていう番組をご記憶だろうか。 この番組の比較的最初の頃の企画に「廃れた商店街を復活させる」という企画があったけれど、その一環で、町会長だか商店会長だかの娘の彼氏を番組が候補者を募って選ぶという企画をや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これを書かずに俺は死ねん 83 昭和57(1982)年夏のこと

掲題の夏には会津へ出かけて日中線などに乗ってきたという話を以前書いたが、同じ夏に、台風10号による増水で東海道線の富士川鉄橋が流失するという大事故があった。 その後、確かNHK特集で取り上げられていた当日のタイムラインによると、その日の下り大垣夜行(当時は確か列車番号347M)は、沼津だったか富士だったか、とにかく鉄橋手前のどこかの駅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これを書かずに俺は死ねん 82 都営バス最後のバスガール

東82系統の話の続き。 昭和50年代の頃の路線バスというと、東急や都バスに見られる「後部ドアが車体中央辺りにあるタイプの2ドアの車体」では、その後部と言うか中央ドアのすぐ後ろ辺りに、人が一人立っていられるような仕切られたスペースがあった。これは実は車掌が乗る場所で、そこには運転席側で「ツーマン」の設定をした場合に使用できる、後部ドアの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これを書かずに俺は死ねん 81 共通くん

首都圏の交通機関でもって「愛称募集」を行い、採用されたものもちゃんとあるのにまったく定着しなかった……という記憶が残ってるものと言えば、まず「E電」が挙げられるだろう。 それに続くものとして、ここで「共通くん」の話をひとくさり。覚えてる、いや知ってる人いるかねえ? 昔、バスの回数券ってのは当然各社毎に出していた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これを書かずに俺は死ねん 80 バスの相互乗り入れのことなど

ソースが思い出せないんだが、以前「鉄道より早くに『バスの相互乗り入れ』が行われていた」という文章を目にした記憶がある。確かそこで言及していたのが東83系統や東98系統の話だったんで、東急についての文章だった可能性が高い。東横線と日比谷線の乗り入れより早く、東急バスと都営バスの相互乗り入れがあったという文章だったんだろうか。 30年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これを書かずに俺は死ねん 79 荻窪ラーメン戦争のことなど

のぞみ(長女)が学校の宿題で「町を紹介する」というのをやってて、転校生なんかは元いた町を取り上げたりしてるそうなんだが、のぞみの奴は荻窪以外やり様がないと文句を言ってた。なのでアニメーションミュージアムと荻窪ラーメンでも取り上げたらどうだと言ったら「荻窪ラーメン?」 ……昨今「荻窪ラーメン」という言い方はしなくなったのかね。 昭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これを書かずに俺は死ねん 78 6月23日-ダイヤ改正昔語り-

昭和57(1982)年6月23日、東北新幹線大宮~盛岡間暫定開業。世の中で「緑の新幹線」が営業を始めたのはこの日が最初だったわけ。 OUTLOOKの予定表を遡ってめくってってみたら水曜日だった。当時はダイヤ改正がこういう平日にいきなりドンと行われるのは珍しくなくて、確かその前の昭和53(1978)年10月2日(今じゃ鉄道史の一部になっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これを書かずに俺は死ねん 77 青函トンネル開通体験ウォーク

青函トンネルの開業は昭和63(1988)年3月13日。この日いっぱい青函連絡船も営業したんで、この日一日だけ「青森→函館→青森」(または「函館→青森→函館」)というJRの片道切符が成立して、手書きで発券してもらった好事家もいたらしいですな。 その前年夏、具体的には昭和62(1987)年7月31日、その翌年に計画されていた「青函トン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これを書かずに俺は死ねん 76 アンケートにゃ答えるな

20年ばかり経つのでもういいだろう。バレバレだけど一応伏せておくと、あるエンドユーザー向け営業の仕事をしてた時のこと。 自分で使うためにと社員価格で1つ購入した後、少し経ってから、郵送で何やらアンケートの依頼が来たのよ。市場調査会社からのもので、よくある「当社内にて数値として取り扱い、それ以外の目的での利用や第三者への提供はいたし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これを書かずに俺は死ねん 75 髄膜炎

学校が先週の最終登校日の後冬休みに入ったというか、実際は12月入ってすぐ休み、その後1日だけ登校日があった形なんだが、今年は無事会計科目2つ合格通知いただいたんで、その最終登校日にどっさり税法科目の宿題を渡されて帰って来た。 そして20日でこだまの幼稚園も終業式。のぞみとひかりはまだ小学校が休みに入らないので、お昼を女房とこだまと3人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これを書かずに俺は死ねん 74 河合塾

知らぬ間に駒場も千駄ヶ谷もなくなってた。 駒場の方にかよっていた当時(高校3年時分か)の思い出。 最寄の東北沢駅の改札は、河合塾の校舎と線路を挟んだ反対側にあり、通行は踏切がメインだったんだけど、実は下北沢寄りにあった歩行者用跨線橋と、改札内の(ホームを結ぶ)跨線橋との間に小さな改札口があり、踏切が開くのを待たずともちょいと曲が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これを書かずに俺は死ねん 73 喜多方ラーメン

喜多方ラーメン 商標登録ダメ 店主らが知財高裁に提訴 喜多方市民を1年半やったことがありましてねw 記事の中にある「発祥の店」ってのが源来軒かまこと食堂か気になるんですけどね。 丁度会津若松と喜多方との間になる位置に塩川っつう街があり、そこにペアレント氏曰く「国内唯一酒屋がやってるユース」というユースホステルがあって、そこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これを書かずに俺は死ねん 72 しかしJTBは

JTBが店舗を大量に畳むそうな。 んじゃ、近ツリに続いてJTBの話でもしよっか。 10年ほど前、フリープランで北海道の旅行を申込んだ時のこと。 オプションで加えたレンタカープラン、車種をインプレッサに指定したのに、何の連絡もなくステップワゴンにされていた。これは最初の申込み時に12月分のレンタカーの北海道での仕入れについて情報…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これを書かずに俺は死ねん 71 旅行会社がやってくれた大ポカ

昔々、もう15年以上は経つけど、教会絡みの仕事をしてたときのこと。 私が直接仕切ったのではないが、所属していた部署が、各地の教区事務所のある分野の担当者を集めた研修会を主催することとなり、講義を外部講師にお願いすることになった。先方の予定も大丈夫ということで正式にその講師に依頼をし、順調に準備が進んでいたのであるが、講師の飛行機のチケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これを書かずに俺は死ねん 70 金払え!

駅弁絡みで、テレビ局からまた接触があった。 まだどうなるか分からんので詳細は置いておくとして、思い起こすと、駅弁と俺の名前が結びつくようになったのは、きんさんのサイトで掲示板に出入りしていたら、「駅弁関係の取材を座談会形式で受けるので来ないか」ときんさんからお誘いがあり、そこでその雑誌に名前が出たというのがきっかけである。 その雑誌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これを書かずに俺は死ねん 69 マクドナルドチェーンって……

セブンイレブンが消費期限切れた弁当の廃棄についてあれこれ揉めてるそうで。 とりあえず、偉そうなこと並べ立ててるあの大企業の中で、 「食い物を捨てる」ということに対する生理的嫌悪感 を持たねえ連中が上の方にいらっしゃるっつうことだけはよく分かった。 知ってる人が結構少ないみたいなんだが、マクドナルドにも直営店とフランチャイジー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これを書かずに俺は死ねん 68 三好達治

鉄道はじめ乗物全般だとか、特撮だのアニメだのと、所謂「おたく」と接尾語(?)が付くものばかり好きなような有様だけど、実は結構マジメ(??)な方も触手を伸ばしていて、一つには音楽絡み(まあこれも例ののだめからこっち「オタと言っていいのが市民権を得た」という様相になってるが)、そして実は近現代詩も好きなのである。 きっかけは、中学生の時に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これを書かずに俺は死ねん 67 明るい農村

NHKの朝7時のニュースの前、6時半くらいからだったろうか、かつて「明るい農村」という番組が放送されていた。 中学生時分だったろうか、当時朝のチャンネルはNHKと決まっていたので、朝起きてなんとなく見ていたのであるが、ある朝、狭山茶について少々興味深い話を取り上げていた。 お茶というのは本来、狭山なり静岡なり八女なり色々な種類があっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これを書かずに俺は死ねん 66 北海道の蟹

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090504-00000004-mai-soci 留辺蘂のこっちのきつね牧場とは関係ねえだろなおいw それはさておき、観光客で賑わう道南の有名な朝市ですら、某運輸機関のその地を管轄する何代か前の支社長が「駅から摩○○まで行く表通りの店はぜんぶボッタクリ」などと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これを書かずに俺は死ねん 備考

学芸大学の牛ゆう(牛友)跡がどうなったか、外出時にちょっと寄り道して行ってみた。 そもそもこの店のあった「高架下の2階」というところに店が1~2軒しか残ってないという有様だった。この建物自体の取り壊しの予定とか、何かそういった理由があって、新しいテナントを入れてないのか? 学び合いで輝く・伸びる・高め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これを書かずに俺は死ねん 65 電信為替

1986年8月の北海道旅行は、当初の計画では25日過ぎに46レとか「おおとり」とかの乗り通しをやって、再度青春18きっぷ1枚分(いや今では「1日分」と言わないと分からないか)で31日0時過ぎから函館→上野を乗り継いで帰宅するはずだった。ところが、下旬に入ったある日、その日の宿に到着したら「至急自宅へ電話下さいとのことです」との言づてがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これを書かずに俺は死ねん 64 ある「思い出の列車」

大学生時分、江戸川区在住の知人宅へ家庭教師のバイトで週2~3回かよっていたことがある。夕飯を御馳走になっていたので、帰りはいつも20時台の東西線西行の電車だった。丁度三鷹行直通の最終になることが多かったな。 そんなある日、その三鷹行を逃してしまい、中野で乗換を余儀なくされ、中野駅で中央線の下りを待っていた時のこと。次の列車の行先を表す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これを書かずに俺は死ねん 63 ある駅と駅名のこと

まずはこちらをご覧いただこうか。 http://ranking.goo.ne.jp/ranking/011/name_resemble_station/ 思い起こせば20年ほど前のこと。 同じ教会に所属していた井川さんのお宅に女児が誕生した。3人目にして初の女の子。ひらがなで「さくら」ちゃんと名づけられた。「『妹はさくらと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more