テーマ:キリスト教

実は上から目線な「赦し」

聖書にある、キリストの御受難時の十字架上の言葉、あれ実はすごい上から目線なんじゃなかろうかと思っている。 猿に話しかけてみよう。 勿論通じないと思う。ではその時、 ①「猿には日本語が通じないのか」と思って英語や他の言語で話しかけてみる ②「猿には言葉が通じないのか」と思ってあきらめる さてどちらだろう? もちろん②ですよね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お前はすでに死んでいる

パウロがガラテヤ人への手紙で書いた「生きているのは、もはやわたしではありません。キリストがわたしの内に生きておられるのです」(新共同訳)っていうあのフレーズ。 分かりやすく言うと「お前はすでに死んでいる」ってことですよね? んで、更に思うのは、葉隠にある有名なコレ。 「武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり」 案外つながっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前田敦子はキリストを超えたんだってよwww

「前田敦子はキリストを超えた」って本が出るそうな。 そもそもキリスト教におけるキリストというのは「死刑の判決を受けて磔(はりつけ)になって3日後に復活して見せた」から、この世にいた時に言ってたことを今でも信じられているのである。「キリストは復活してなかった、100%ウソでしたっていう明らかな証拠が出て来たら、キリスト教というのは存立し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マリア様が見てる いや見られた

こだまが初聖体受けて、教会学校のお友達(の親御さん)からお祝いのものをいくつかいただいたんだけど、その中に高さ10センチにもならないくらいのマリア様の御像がありましてね。 透明なケースに入った状態で、背後がステンドグラスみたいになってるもんだから、窓を背にして置くときれいに見えるという物だったんだけど…… 女房が何トチ狂ったかト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブログネタ:今読んでいる本は何?

『笑いの伝承 キリスト教のユーモア』 某キリスト教専門古書店が学校の近くにあって、店先で見つけて買ってきたもの。 内容は確かに興味と合致したんだけど、抄訳な上その訳もまずいんじゃなかろうかという箇所があり、やはり「ユーモアの本」として成立してないものが「キリスト教の本」として売られている(いた)という印象を拭えない。ちなみに版元品切…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火の用心

今の時点で原発の賛成・反対を云々するのって、 手が付けられなくなった火災現場の前を「火のよーじん カチカチ」とやって通り過ぎてく様なもんで、 およそまともな人間のやるこっちゃねえ。 国会も同じ。昨日テレビで面白い映像を目にした。菅と谷垣の論戦の様子を見て、避難所のじいさんがカメラに向かって一言。 「とりあえず2人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パン

悪魔はイエスに「この石をパンに変えてみろ」っつったと言うが。そう言えば四旬節だけど。 近所のスーパーに 「工場停止および救援物資に回したためパンが入荷しません」 という意味の貼紙があった。じゃあ仕方ねえよな。 非常食:レスキューフーズ 一食パック 麻婆丼非常食専門店ホリカフーズ 火も水も使わずに、温かい麻婆丼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キリスト教と民主主義と死刑制度

昔こんなこと書いたが、今回の選挙もまあ見事にこの通りだったな。 ま、所詮人間のやるこったからな。 カトリックだクリスチャンだというと何か偉そうに聞こえるが、最大の利点は↑コレだ。 この一言で全て片付けられるという強みw だって、キリストさんを磔にしたのって、多数決どころか(ほぼ)満場一致でケテーイ! だったんだぜw …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご冥福

とあるところで「ご冥福なんて言葉を(亡くなった)キリスト教徒に使うな」という一文を目にした。 これ、前の仕事wで遭遇したことがある。「『ヨハネ・パウロ2世のご冥福を……』ってのは言っていいのか悪いのか」。アンカ執筆のため、一応関係者(?)の立場で調べてみた。 冥福というのは、死後の世界での魂の安らぎとかそういうニュアンスのある仏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はっぴーいーすたー

グレゴリオ聖歌集ポリドール 1997-04-09 オムニバス(クラシック) ユーザレビュー:グレゴリオ聖歌の入門 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神父

カトリックの方じゃ一応(笑)独身でないといけないことになってる。 ところが、「神父の奥さん」と陰口叩かれる女性が教会内には案外出てくる。目下俺の所属する教会にもそれっぽいオバサンがいるw もっとすごいのになると、神父の転勤に合わせて所属教会をいくつも移してきたりしてるそうな。 それでうまくいってりゃまだいいけど(いいのかよ?)、何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宗教

麻生もこの人もカトリックなんだよぅw キリシタン地図を歩く―殉教者の横顔ドン・ボスコ社 日本一八八殉教者列福調査歴史委員会 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これを書かずに俺は死ねん 50 ある友人の話

体格が体格なので運動神経もひどいもんだが、実はこういう体格になる前から運動音痴でどうしようもなかった。 それで、幼稚園の年長の頃だったか、確かYMCA絡みの体操クラブへかよわされることになった。 そのクラブの同じクラスに1人、ジェイという名前の外国人の男の子がいた。……いや、見た目から外国人だとばかり思ってたんだが、送り迎えにも来て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これを書かずに俺は死ねん 40 余は如何にして基督信徒となりし乎

「新潮文庫の100冊」という小冊子が毎年出される。確かこれだったと思うんだが、三浦綾子の『塩狩峠』が紹介されていて、塩狩峠で殉職した鉄道マンというのに興味を持ったのが高校1年の秋。 初めて渡道したのが大学に上がる春だったから、当時としては「まだ見ぬ北海道」についての描写に一番興味を覚えたという有様だった。読んで初めて宗教ネタの小説だと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これを書かずに俺は死ねん 30 任命司教

長らく空位だったどこぞの司教に、東京の司祭が任命された時のこと。叙階前の司教なので「任命司教」と呼ぶ。 で、その司教様、司教になるのをとてもいやがり、「この人物問題あり」という報告を司教協議会だか大使館だか経由でローマへ送ってもらったんだが、 「問題のある司教は他にもいる」 という返事がローマから返ってきたもんだから、あき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Black Pope

先週の報道だったか、イエズス会のトップが引退を表明して、後任に選出されたのはアドルフォ・ニコラス師だと。元日本管区長。元上智大教授。日本語ペラペラ。向こうは覚えちゃいねえだろうけど、一度会ったことがあったっけ。 教皇は白い服が多いけど、イエズス会のスルタンは黒い。で、イエズス会のもつ力が教皇庁に匹敵することを揶揄して、イエズス会の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リストラ

出勤したらトップ(アフリカ人)から呼ばれた。 今度の2月以降の雇用契約はしないとのこと。 日本語不自由で要求するところをきちんと伝える(命令する)能力が欠如してる野郎に「お前はオレの言うこときかないから」と言われりゃ、やさしいオレでも腹は立つ。 さて、労基と税務署、どっちを先に突っ込ませようかw あ、「特定商取引に関する法律…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仕事1割お遊び9割で長崎③仕事のようなお遊びのような

またまた5:30起床、6時のミサへ。戻ってまたまたオイシイ朝食。出発して、まずは如己堂を見物。資料館は朝早くてまだ開館していなかったけれども、一応実物を見ることができたので良しとして、そこから平和公園を撮って回り(にだーやあるーの多いこと、日本人いなかったんじゃねえか?)、路面電車で駅前へ。 駅から丘の上へ上がって、26聖人のレリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう一つ教会絡みの訃報があった

ひと月前だけれども、前ローマ法王庁駐日大使エムブローズ・デ・パオリ大司教がアメリカで亡くなったとのこと。 以前、取材の時の写真を何枚か送ったら、お礼状という形でクリスマスカードを貰った。 一国の大使からクリスマスカード貰うなんて、一生にそうそうあるこっちゃねぇなと思ってたんだけど、次に名前を聞くのが訃報になろうとは。 また…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

濱尾枢機卿の思い出

現在の勤め先じゃなくて、別の教会絡みの仕事に就いていた時分の話。もう15年経とうかというところ。 NHKの「日本人の質問」という番組(現在の「ダーウィンが来た!」の枠でやってた)のスタッフから電話。曰く、 「教会の教皇様とか偉い方々の頭に載せている、あの小さい帽子について出題したいのですが。」 スタジオ収録ではなく取材に出向くので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葬式

濱尾枢機卿の帰天を報じるネットのニュース、各社のページを見ていて気付いたことには、産経新聞が葬儀(告別式)を横浜雙葉でと報じているが、数時間後の読売新聞はともかく、産経のたった2分後の配信になっている毎日新聞でも関口(東京教区のカテドラル)と報じているという違い。ちなみに正しいのは後者(関口)。 当初横浜教区が仕切るはずだったんだけれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青ざめよ!(笑)

あの、輸血いやーんという新興宗教(キリスト教じゃねえからな)。 拒否したのに輸血され(て助かっ)たもんだから「意思決定権を侵害した」ということで病院が訴えられ、最高裁まで行って病院側敗訴が確定していると聞いた。 つまり、 今の世の中には最高裁にまで認定された「人が死んでも何とも思わん宗教」があるっつうことだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

殉教者列福

梯子を使って教会の外壁で作業をしていたとき、 「これでここから落ちたら殉教になるんかねえ?」 という話になったら、聞いてた主任司祭が、 「殉教というのは『宗教捨てるか命捨てるか』という時に命捨てる方を選んだという話だから、ここで死んでも殉教にはならん!」 26日付日経最終面にも大きく記事があったが、日本で殉教した188人を列…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予算

教会の信者さんが集まって予算審議をすると、「予備費」という項目と「繰越」という項目の両方があるのを見て、 「『繰越』は全部『予備費』でいいのではないか?」 という質問を毎年必ずする人がいた。 で、この方国鉄のOBだったんですわ。 国鉄が潰れた理由が分かる気がする…… 未完の「国鉄改革」―巨大組織の崩壊と再生
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんなこともあるもんだ

今年はカトリックのイースターがオーソドックスの方のそれと同じ日になってた(輸入モノのカレンダーの表示による)。 何はともあれ、Happy Easter! ピーターラビットのイースター
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たとえ話

金馬(先代)の落語のCD聞いてて、 「はえぇ話が自転車買ってすぐ脚気患ったようなもんで」 という言い回しがあったんだけど、今や江戸患いどころか脚気っつっても分からん方の方が多いんじゃなかろうかと。 んで、こういう言い回しでちょっと遊んでみた。 作業そのものは面倒じゃないんだけど忘れたら致命傷って手順を……忘れた →「半…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

司祭不足

教会の共同体も結局のところ「社会の縮図」という性格があるから、目下国内のカトリック教会というとどこも見事に高齢化が進んで、例えば以前は「今年のバザーについて」という話し合いだったのが、昨今は「今年はバザーをやるのか否か」という話し合いになっている。(しかも毎回「やる」と決めといて、また揉めるわけだが。) というわけで、司祭不足が深刻化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のぞみの知恵

一応我が家にも小さい馬小屋を飾ったのであるが、早速こだまが手を伸ばしてひっくり返してくれたらしい。 そこでのぞみが貼紙を作った。「↑さわらないでね」。一応読める字では書いてある。これくらいの知恵は付いてきたか。なるほど、でもね…… こだまちゃん、まだ字読めないんですけど。 うちの3姉妹 3
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスinかもしー④ 小さな教会のクリスマス

とりあえずチェックアウト、10時と聞いていたが少々遅刻。鴨川教会でクリスマス日中のミサに参加。10人ほどのところへ一家5人で押しかけて(笑)。ミサの後パーティーにも混ぜていただき、お昼まで楽しい時間。 鴨川を後にして館山方向へ車を走らせるも、イチゴ狩りにはまだ早く、館山自動車道を使って金谷へ。フェリー乗り場へ行ったら待ってる車ゼロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宗教紛争

朝教会行くのに、お祭りの神輿と山車を出したことによる交通規制でおそろしく時間がかかってしまった。他所の国でこれやったら宗教紛争だわな(笑)と思いつつ午後からはその神社のお祭りに繰り出して綿菓子だの焼ソバだの…… ベネディクト16世の発言をめぐってイスラム側から反発が出て騒動になっているが、そういや先代(?)も仏教を無神論呼ばわり(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more