さっちゃんちの机(更新記録兼用徒然日記)

アクセスカウンタ

zoom RSS 人間45年もやってると……

<<   作成日時 : 2012/04/20 23:06   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2009年8月、思い立って急きょ行くことになった海水浴
この時は千葉のどこかで民宿泊って……と考えて、岩井の民宿組合に問い合わせた。なぜネットなどで宿を探すのではなく民宿組合へ問い合わせたかというと、あの辺りは夏合宿のメッカなので、当家以外の部屋は中学や高校の○○部(運動部と限らない、演劇部とか吹奏楽部の可能性もある)御一行様で埋まっていました……という事態を避けたかったからである。ちなみに中学の臨海学校も岩井だったわけだが。
電話で教えてもらった民宿は「あめや」といって、お年寄りご夫婦がやっていて、合宿はまず入らないからという説明を受け、そちらでご厄介になった。



好天に恵まれ、海水浴の後は近くのお店へ花火を買い出しに行って、そこでついでにかき氷。「あめや」の食事は多すぎてびっくり。干しといた水着にカエルがくっついてて、朝気付かず取り込んだらカエルまで部屋に来てしまい、女房が絶叫、子供3人は畳の上でカエル追跡の大騒動。おばあちゃんがくれた立派なかぼちゃは、帰宅後数日中に俺がポタージュスープにこさえたら、ひかりの奴が特に喜んで飲んでた。
日焼けのおかげで俺はしばらくまともに風呂入れなくて、シャワーだけの生活になったっけ。

なんでこんなことを書くかというと……
先日、この宿の連絡先が、当の民宿組合のサイトから消えてるのに気付いたからである。
元々季節民宿だったんだが、その季節民宿を載せた欄から消えていた。


※               ※               ※               ※



もうひとつ。
前にもチラリと書いたが、昔函館在住の女の子……女性というのではなくて、ホントに子供という意味の女の子(?)と知り合いになって、一度訪ねた時に、彼女の母堂に夕飯をごちそうになったことがある。連れて行ってもらった店は、聞けばご主人(=その女の子の父上、料理人)の同期の料理人がやっているお店で、女の子もその妹御さんも、その店に行きたいと母堂に言っていたように思う。
「甚山」という名前で、函館の路面電車の走る道路に面した、きれいなつくりの和食の店だった。座敷席に上がらせてもらったが、よく知るお客が来たからということだろう、店の主が奥から出てきて、あれこれ楽しい話を聞かせてもらった。

なんでこんなことを書くかというと……
先日、Googleのストリートビューでその店を見つけたんだが、店の正面に鉄パイプで柵が置かれ、「売物件」という看板がでかでかと掲げられていたのを見てしまったからである。
慌てて調べたら、ネット上では閉店したという情報も見つけられた。


北海道の温泉のことといい、まあ人間45年やってりゃ、こんな話も増えるわな。




炭入り 衝立 和住 約高さ110×幅101×奥行40cm【送料無料】'【和スタイル】壁代わり・間仕切りに最適!【2sp_120405_a】
四季物ひろば
■サイズ:約高さ110×幅101×奥行40cm■カラー:なし■素 材表面/炭+ポリオレフィン系複合樹




amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by はじめての「お宿」オープンBOOK (お店やろうよ!シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

人間45年もやってると…… さっちゃんちの机(更新記録兼用徒然日記)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる